パートナー紹介 【バナナの妖精とは】

このブログ運営者たらえの、大切な人のこと。

ブログ上では、吹き出しアイコンで登場します。

この人がいなければ今の幸せな私はいませんでした。

幸福と希望のバナナ

彼は私とブログ運営を陰ながら支えています。

プロフィールページへ戻る  トップへ戻る
もっと読む

なぜバナナの妖精と呼ぶようになったのかについて

詳しくは、以下長くなりますが、
お読みいただければ幸いです。

誕生エピソード

あるとき、ブログで使いたい画像に彼が写っていました。
モザイク代わりにペンで適当に塗りつぶしたところ、

  • クリーム色で塗ったため、なんだかバナナに見える
  • そうだ!可愛く顔でも書いてあげよう

という、なんとなくから生まれました。
なんとなくから生まれたわりには大切にされています。

記念すべき1記事目の初登場画像↓

バナナの妖精
バナナの妖精さん

下地になっている彼の影響でしょうか。
ものすごくテキトーに書いたくせに愛着がわく不思議。

ちなみにまだバナナの皮がありません。

妖精となったのは、私が妖精やら小人やらが好きなため、そう呼んだ方が可愛らしいと思ったから。

その後に、ブログで使う吹き出しのアイコンを作りたいと、画像を探していました。

手っ取り早く、あのバナナ画像を使おう」
と、サクッと作ったら使い勝手が良かったので、頻繁に使うようになり、

その際に、分かりやすくバナナの皮は書き足されました。

バナナの妖精

どうも!お世話になっております。

つまりは、彼とバナナと妖精は全く関係がないのです。笑

むしろ彼はバナナの下敷きとして塗り潰されている上に、顔もちっとも似ていません

そしてバナナの妖精は、チャランポランな私よりも、

ずっと優しくて、
家族思いで、
そして男らしく、
滅多に怒らず寛容で、
バカなことを言ってもバカにしたりしない、
素晴らしい人です。

…いや、ほんとですからね??
誇張はないです。

ありのままの私らしさを認めてくれる人。
いつだって否定をせず見守ってくれる。

そんな人にこの仕打ち。

しかしバナナの妖精は笑って許してくれるでしょう。

なぜなら彼はバナナの妖精だからです

もう一度言います。

彼はバナナの妖精です

森から出てきて、たらえと出会いました。(何を言っているんだ?)

私はこれからも、バナナの妖精に愛と感謝を贈ります。

あなたがハゲてもボケても体が動かなくなっても、私は一緒に居続けます。
最愛の人。
たらえより

トップに戻る